さくら☆ブルキナファソ

ごみ

突然ですが、綺麗な花でしょ?!
職場前に咲いている花です。
d0175536_5185886.jpg


そして、この花の下は、こんな状態。
d0175536_5242182.jpg


ゴミの話です。

日本では、曜日毎に、違う種類のゴミが回収され、
ゴミの分別も当然の事のように行われています。
それは、
ゴミ箱があるから、
ゴミはゴミ箱に捨てるように教えられているから、
ゴミを回収してくれる人がいるから、
ゴミ回収、処理、リサイクルのシステムがあるから。

ブルキナファソでは、今、ゴミ問題が大きな問題になっています。
もちろん、今私のいる、ポでも。
「汚い」を通り越しています。

職場前の普段私が通勤で使う道約3mほどのゆるい坂道の写真です。
(右側に最初の写真の花。)
d0175536_5245915.jpg


この坂を下っていくと、地面には、いろんなものが落ちています。
d0175536_5253164.jpg


見えないところにまで。
d0175536_526238.jpg


坂を下り終えると、ゴミの山が。。。
近辺の人が、ここに、ゴミを捨てに来ています。
d0175536_5271628.jpg


写真の中に見える黒いもの。
ビニール袋です。
少し前は、鍋や袋を持参して買い物に出掛けていたのが、
このビニール袋が普及した今では、何でもこのビニール袋に入れます。
便利だから、使っていいんです。
でも、そこら中に捨てちゃいけません。
でも、ゴミ箱がないんです。

驚くほど、当たり前のように、みんなゴミをどこにでも捨てます。
私の同僚(教育省県局職員(元学校教員)
=エリート=教育を受けてきた人達+大人=見本・手本)は、
ゴミ箱がある県局前で、
食べていたバナナの皮を、ポイッと。
買い物してきたビニールの袋をポイッと。

初めの頃は、色々思う事をどう伝えようか考え、黙っていました。
でも、同僚とだいぶ関係が出来てきた最近では、
「何か落としたよ。」
「ゴミ箱、3歩位のところにあるよ。」
「この、バナナの皮、○○って名前が書いてある。」
などなど、冗談まじりで言っていたら、
以前に比べてだいぶゴミ箱に捨てるようになりました。
県局前で、見知らぬ人がゴミをポイ捨てしているのを見かけると、
同僚が大きな声で「拾って!」「県局前汚さないで」と言ってくれるようになりました。

そんな中、「面倒くさいなぁ」「みんなどこにでも捨ててんじゃん」と言い放つ
一人の同僚に、ある朝、こんなことを言われました。
「子どもと仕事するんだから、子どもに言えばいいじゃん」と。
確かに、私は、子どもと仕事する。
子どもと仕事をするからこそ、いい見本でいたい。
なぜなら、子どもは大人の真似をするから。
大人の真似をして、いい事も悪い事も学んで、大人になっていくし、
自分はやっていないのに、子どもにはやらせる、
そんな大人は、私が子どもだったら嫌いだなぁ。
自分の身近な人、例えば、家族とか友達が、ゴミをゴミ箱に捨てているのを見たら、
自分もそうしようと、自然と子どもたちは思うものだと思うよ。
こんな風に私は思うよ、と伝えたら、
この同僚、「そうだけど。。。」といいながら、
目の前で、持っていたビニールの袋をポイッと。。。
癖になっているんだ、と思いました。

その日の午後、この同僚が、ゴミをゴミ箱に捨てた瞬間を目撃しました。
なんだか、とても嬉しくなって、
「今、もしかして、ゴミ箱に捨てた?」
「すっごい、いい事したじゃん!」と午後中誉めまくって、
「嬉しいなぁ」
「今、○○がゴミ箱にゴミ捨てたの見た?」と午後中、色んな人に言っていたら、
少し照れ笑いを浮かべて、
「当たり前の事じゃん。」と、ポツリ。

別の日、ゴミ拾いをした事があります。
周りの人がどういう反応を示すか、見たかったから。
小学校の子ども達、路上生活児童と一緒にゴミ拾いを企画しているので、どんなものか一度自分でやってみようと思ったから。
する事がなかったから。

周りの人の反応は。
-「汚い」とただ通り過ぎて行く人
-「なんでゴミ拾いしてるの?汚いじゃん」など、色々質問してくれる人
-「一緒にやるよ」と言ってくれる子ども
-ただ無言で見物している人
-「変な日本人がいる」と笑う人

実際にゴミ拾いをしてみて。
-見ているだけで気分が悪くなるほど、汚かった
-話しかけてくれたり、色々聞いてきてくれたり、「手伝うよ」と言ってくれたり、ただ見ているだけでも興味を示してくれたという事が嬉しかった
-目に見えるゴミだけじゃなくて、掘っても掘っても出てくるゴミの量に驚いた

ポを少しでも綺麗にしたいです。そのために、
今そこら中に散乱しているゴミを拾う
ゴミはゴミ箱に捨てる習慣を付ける
ゴミの量を極力減らす(ビニール袋を出来るだけ使わない)

まずは、自分が、そして、身近な所から少しずつ、
ゆっくりポの人たちのペースでやっていこうと思います。
[PR]



# by sakurauno | 2010-10-06 05:33 |

動物

ブルキナファソに来てから色んな動物に出会いました。

カエル(指先くらいの小さなカエルから、どうしたらそんなに大きくなるんだ、という大きさのカエルまでいます。夜になると、玄関先で集団で大合唱。)
d0175536_461299.jpg


カメ(上に乗っている人が大きいので、亀の大きさが伝わりにくいですが、このカメ大きいです。)
d0175536_465259.jpg


トカゲ(どこにでもいます。街を変えても、家の中にも外にも。)
d0175536_472954.jpg


バッタ(自転車に乗ろうとしたら、何か、ベルのところに。。。)
d0175536_475722.jpg


ブタ(ブタもどこにでもいます。道を歩いていたり、草むらの中で草を食べていたり、ゴミの中でドロドロになっていたり。これは、通勤路にいるブタ。いつか食べられてしまうのかしら。。)
d0175536_483928.jpg


ヒツジ(群れをなして、どこにでもいます。)
d0175536_491989.jpg


ロバ(私の一番のお気に入りの動物ロバ。自転車の代わりにロバで移動したい!)
d0175536_495273.jpg


ワニ(指定保護区にいるワニ。生きている鶏をパクリと。お腹が空いていない時は静か。)
d0175536_4101635.jpg


他にも、
ニワトリ、コウモリ、コオロギ、ウシ、ネコ、イヌ、タカ、ハト、ネズミ、ゾウ
などなど、ブルキナファソには色々いるんです。
[PR]



# by sakurauno | 2010-10-03 04:15 |

8月にポに赴任をして、毎日通勤路で、
雨季で降ったとんでもない量の雨で出来た
見た目より深い水たまりに
毎日のように、自転車ごと落ちていました。
d0175536_22381535.jpg


水たまりに落ちて、ドロドロになった私を見て、
近くにいた子どもたちが、きゃっきゃっと大はしゃぎ。
大人たちは大爆笑。

毎日笑われていました。
仕事先でも、「今日も落ちた?」と聞かれる事もあったり。
笑われて、精一杯の笑顔で返していたものの
頭の中は、本当に恥ずかしい、悔しい気持ちで一杯でした。

穴に落ちるのが嫌(笑われるのも嫌)で、私の快適な通勤を目指す為に
穴を埋めてしまおう、と思い付き、8月のある土曜日に実行しました。

まず、ロバを借り、
d0175536_22391893.jpg


石(岩)拾いに出掛け、
d0175536_22395144.jpg


朝5時半に起きて、午前中いっぱい、3-4人の人と一緒に穴を埋め、
その日は終わりました。
(見物に来ていた子ども達)
d0175536_22402224.jpg


私達が穴を埋めていると、通る人みんなが声を掛けてくれました。
「なんで、穴埋めてるの?」
「御苦労さま。」
「ありがとう。」
「この国の発展の為に必要な事だ!」とまで言ってくれるおじさんがいました。
「穴埋め」と「国の発展」がどう関係しているのか、その時には分からなかったけど、
私がやっている事が無駄ではない、と分かっただけで、その時は満足でした。

毎週土曜日の朝に穴を少しずつ埋めて、2年間で終わらせようと思いながら、
その次の1週間は、久しぶりの筋肉痛に体が悲鳴をあげていました。
仕事帰りクタクタになって帰路を自転車で走っていた所、
近所の呑み屋を経営しているおばちゃんが
「ちょっと寄って行って。」と。
お茶をごちそうしてくれました。
おばちゃんの親切に疲れが癒される思いでした。

「先週の土曜日に、道の舗装をしてたわよね。やらなきゃって思っていた人も多かったけど、ずっと放置されてたのよ。今週の土曜日もやるの?」とおばちゃん。
「うん。午前中だけやるよ。」と私。
「この辺の人たちに声をかけたら、みんな手伝ってくれるって言ってるわよ。この辺の人みんなよ。みんな。」とおばちゃん。

このおばちゃんの、親切に感動しました。

その後、おばちゃんの親切に感謝しながら、
再び帰路に着くと、若い男の子や子どもたちが、
「土曜日、一緒に仕事しような!」
「私も手伝ってもいい?」
などなど、声を掛けてくれました。

感謝と感動の気持ちで胸が一杯でその1週間が終わり、
いよいよ土曜日。

沢山の人が、自分のロバを連れて、
石(岩)拾いや穴埋めを
入れ替わり立ち替わり、手伝ってくれました。
d0175536_2240514.jpg
d0175536_22412479.jpg
d0175536_2242620.jpg


そして、今の状態。
d0175536_22423951.jpg


まだ穴は全部埋まってはいませんが、穴に落ちずに通勤出来る道は確保されました。
私が穴に落ちないために、私が始めた事が、大事になって正直驚いています。

「あなたが落ちないためにやってるんじゃないのよ。皆の為になるからやっているの。でも、あなたが始めなかったら、やらなかったわよね。もう穴に落ちてるあなた見られなのね。残念、面白かったのに。」とおばちゃんと呑みに来てたおじさん達。

初め、私は自分の事しか考えていなかったけど、みんなの為になる事をする「きっかけ」にはなったのかなと思ったりしました。

この「穴埋め」は、私が青年海外協力隊としてポに来て予定していた活動内容とは全く関係のないものだけど、「きっかけ」というものがあって、これだけの人が動くんだったら、私の活動の為にも、ポの人の為にも、これから2年間沢山の有意義な「きっかけ」作りをしていきたいと思いました。そのための人間関係作りも。

「きっかけ」→「人が動く」→「国の発展」という線が見えた時、どこかのおじさんが言っていた
「穴埋め」と「国の発展」の関係が見えました。
[PR]



# by sakurauno | 2010-09-26 22:50

ポ街並(通勤路2)

ポ街並(通勤路)第2弾です。

家の前の道で朝撮った写真
d0175536_4473629.jpg


あたり一面広がる緑一色の景色を横に自転車で職場に向かってます(綺麗でしょ)
d0175536_4485089.jpg


ところが、景色に見とれていると、
雨季で降ったとんでもない量の雨で出来た
水たまり(見た目より深い)に落ちます(自転車ごと)。
こんな道があちこちです。
d0175536_4511642.jpg


仕事から帰ってくると、
家の前の道から、
日本よりも大きく見える太陽が
ゆっくりトウモロコシ畑を前に沈んでいくのが見えます。
d0175536_4513839.jpg

毎日見ていても、感動する光景。
[PR]



# by sakurauno | 2010-09-18 04:59 |

ポ街並(通勤路)

毎日平日は、
朝4時半から5時の間に起きて、
水浴びして、
洗濯して、
6時20分に家を出ます。

家を出てから、職場までの道のりを
写真に撮ってみました。

ヤギの群れ
d0175536_3423973.jpg

ロバ
d0175536_3551661.jpg

ご近所の家(毎朝おはよう!と挨拶してくれます。)
d0175536_356119.jpg
d0175536_3564448.jpg
d0175536_357217.jpg
d0175536_35758100.jpg


そして、こんなところを自転車でくぐって、毎日通勤してます。
d0175536_3591985.jpg
d0175536_3594729.jpg

[PR]



# by sakurauno | 2010-09-18 04:04 |

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧