さくら☆ブルキナファソ

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧




8月にポに赴任をして、毎日通勤路で、
雨季で降ったとんでもない量の雨で出来た
見た目より深い水たまりに
毎日のように、自転車ごと落ちていました。
d0175536_22381535.jpg


水たまりに落ちて、ドロドロになった私を見て、
近くにいた子どもたちが、きゃっきゃっと大はしゃぎ。
大人たちは大爆笑。

毎日笑われていました。
仕事先でも、「今日も落ちた?」と聞かれる事もあったり。
笑われて、精一杯の笑顔で返していたものの
頭の中は、本当に恥ずかしい、悔しい気持ちで一杯でした。

穴に落ちるのが嫌(笑われるのも嫌)で、私の快適な通勤を目指す為に
穴を埋めてしまおう、と思い付き、8月のある土曜日に実行しました。

まず、ロバを借り、
d0175536_22391893.jpg


石(岩)拾いに出掛け、
d0175536_22395144.jpg


朝5時半に起きて、午前中いっぱい、3-4人の人と一緒に穴を埋め、
その日は終わりました。
(見物に来ていた子ども達)
d0175536_22402224.jpg


私達が穴を埋めていると、通る人みんなが声を掛けてくれました。
「なんで、穴埋めてるの?」
「御苦労さま。」
「ありがとう。」
「この国の発展の為に必要な事だ!」とまで言ってくれるおじさんがいました。
「穴埋め」と「国の発展」がどう関係しているのか、その時には分からなかったけど、
私がやっている事が無駄ではない、と分かっただけで、その時は満足でした。

毎週土曜日の朝に穴を少しずつ埋めて、2年間で終わらせようと思いながら、
その次の1週間は、久しぶりの筋肉痛に体が悲鳴をあげていました。
仕事帰りクタクタになって帰路を自転車で走っていた所、
近所の呑み屋を経営しているおばちゃんが
「ちょっと寄って行って。」と。
お茶をごちそうしてくれました。
おばちゃんの親切に疲れが癒される思いでした。

「先週の土曜日に、道の舗装をしてたわよね。やらなきゃって思っていた人も多かったけど、ずっと放置されてたのよ。今週の土曜日もやるの?」とおばちゃん。
「うん。午前中だけやるよ。」と私。
「この辺の人たちに声をかけたら、みんな手伝ってくれるって言ってるわよ。この辺の人みんなよ。みんな。」とおばちゃん。

このおばちゃんの、親切に感動しました。

その後、おばちゃんの親切に感謝しながら、
再び帰路に着くと、若い男の子や子どもたちが、
「土曜日、一緒に仕事しような!」
「私も手伝ってもいい?」
などなど、声を掛けてくれました。

感謝と感動の気持ちで胸が一杯でその1週間が終わり、
いよいよ土曜日。

沢山の人が、自分のロバを連れて、
石(岩)拾いや穴埋めを
入れ替わり立ち替わり、手伝ってくれました。
d0175536_2240514.jpg
d0175536_22412479.jpg
d0175536_2242620.jpg


そして、今の状態。
d0175536_22423951.jpg


まだ穴は全部埋まってはいませんが、穴に落ちずに通勤出来る道は確保されました。
私が穴に落ちないために、私が始めた事が、大事になって正直驚いています。

「あなたが落ちないためにやってるんじゃないのよ。皆の為になるからやっているの。でも、あなたが始めなかったら、やらなかったわよね。もう穴に落ちてるあなた見られなのね。残念、面白かったのに。」とおばちゃんと呑みに来てたおじさん達。

初め、私は自分の事しか考えていなかったけど、みんなの為になる事をする「きっかけ」にはなったのかなと思ったりしました。

この「穴埋め」は、私が青年海外協力隊としてポに来て予定していた活動内容とは全く関係のないものだけど、「きっかけ」というものがあって、これだけの人が動くんだったら、私の活動の為にも、ポの人の為にも、これから2年間沢山の有意義な「きっかけ」作りをしていきたいと思いました。そのための人間関係作りも。

「きっかけ」→「人が動く」→「国の発展」という線が見えた時、どこかのおじさんが言っていた
「穴埋め」と「国の発展」の関係が見えました。
[PR]



by sakurauno | 2010-09-26 22:50

ポ街並(通勤路2)

ポ街並(通勤路)第2弾です。

家の前の道で朝撮った写真
d0175536_4473629.jpg


あたり一面広がる緑一色の景色を横に自転車で職場に向かってます(綺麗でしょ)
d0175536_4485089.jpg


ところが、景色に見とれていると、
雨季で降ったとんでもない量の雨で出来た
水たまり(見た目より深い)に落ちます(自転車ごと)。
こんな道があちこちです。
d0175536_4511642.jpg


仕事から帰ってくると、
家の前の道から、
日本よりも大きく見える太陽が
ゆっくりトウモロコシ畑を前に沈んでいくのが見えます。
d0175536_4513839.jpg

毎日見ていても、感動する光景。
[PR]



by sakurauno | 2010-09-18 04:59 |

ポ街並(通勤路)

毎日平日は、
朝4時半から5時の間に起きて、
水浴びして、
洗濯して、
6時20分に家を出ます。

家を出てから、職場までの道のりを
写真に撮ってみました。

ヤギの群れ
d0175536_3423973.jpg

ロバ
d0175536_3551661.jpg

ご近所の家(毎朝おはよう!と挨拶してくれます。)
d0175536_356119.jpg
d0175536_3564448.jpg
d0175536_357217.jpg
d0175536_35758100.jpg


そして、こんなところを自転車でくぐって、毎日通勤してます。
d0175536_3591985.jpg
d0175536_3594729.jpg

[PR]



by sakurauno | 2010-09-18 04:04 |

植林

土曜日に市役所と環境省ナウリ県局企画の
植林に出掛けてきました。

朝7時半に市役所前に集合し、
何人かで、環境省ナウリ県局に徒歩で移動。
植林する苗木を車に積み込みました。

苗木
d0175536_1271565.jpg

d0175536_13011.jpg


植林される苗木は水の袋(サシェ)に入れられています。
このサシェをはがして、植えます。
d0175536_1401064.jpg


苗木積み込み作業の様子
d0175536_143568.jpg


苗木積み込み後
d0175536_1474960.jpg


車で、約10分の所にあるソンゴという村に植林をしました。

同僚
d0175536_285099.jpg



d0175536_2111115.jpg


植林に参加した人々
d0175536_2132530.jpg

d0175536_2171145.jpg

d0175536_2264948.jpg


ポ市長
d0175536_229273.jpg


植林後の苗木
d0175536_2315218.jpg


せっかく植林したのに、環境にいい事をしたのに、
私達が植えた苗木の周りには、サシェが散乱放置されたまま。
ゴミのポイ捨てが、当たり前のブルキナファソでは、
サシェが放置されていても、誰も何とも思わない様子。
植林した事に、ブルキナベは、いい事をしたと、ただ満足気。

せっかくいい事をしたのに、もったいない、と思い、
他の人が植林している最中に、サシェを回収しました。
初めは、この日本人、なんでサシェなんか集めているんだろうという目で見られました。
「どうして集めているの?」とも聞かれました。

「植林」という活動の為に、苗木を車に積み込む「準備」があったのに、
「植林」という活動の為に、ゴミを「片付ける」という作業がどうしてないの?と
逆に聞き返すと、
「そう言われてみれば、そうだよなー。」と、
周りの人も、見つけたサシェを私に手渡ししてくれました。

ブルキナファソ人が、ドロドロになって、サシェを拾っている日本人を見て、
変だなとか、疑問に感じたり、考えたり
ゴミは捨てちゃいけない事を、知っていたのにやっていなかった
ということに気付いたりしてくれたら、
私は嬉しいです。

なぜなら、人々の中にある
サシェに対する意識、
ゴミに対する意識、
ポイ捨てに対する意識、
に働きかけるいい機会だと思うから。

d0175536_2341381.jpg

d0175536_236438.jpg

私達が植えた約200本の木が、大きく育ちますように・・・。
[PR]



by sakurauno | 2010-09-13 02:55 |

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

ブログジャンル

画像一覧