さくら☆ブルキナファソ

カテゴリ:未分類( 5 )




8月にポに赴任をして、毎日通勤路で、
雨季で降ったとんでもない量の雨で出来た
見た目より深い水たまりに
毎日のように、自転車ごと落ちていました。
d0175536_22381535.jpg


水たまりに落ちて、ドロドロになった私を見て、
近くにいた子どもたちが、きゃっきゃっと大はしゃぎ。
大人たちは大爆笑。

毎日笑われていました。
仕事先でも、「今日も落ちた?」と聞かれる事もあったり。
笑われて、精一杯の笑顔で返していたものの
頭の中は、本当に恥ずかしい、悔しい気持ちで一杯でした。

穴に落ちるのが嫌(笑われるのも嫌)で、私の快適な通勤を目指す為に
穴を埋めてしまおう、と思い付き、8月のある土曜日に実行しました。

まず、ロバを借り、
d0175536_22391893.jpg


石(岩)拾いに出掛け、
d0175536_22395144.jpg


朝5時半に起きて、午前中いっぱい、3-4人の人と一緒に穴を埋め、
その日は終わりました。
(見物に来ていた子ども達)
d0175536_22402224.jpg


私達が穴を埋めていると、通る人みんなが声を掛けてくれました。
「なんで、穴埋めてるの?」
「御苦労さま。」
「ありがとう。」
「この国の発展の為に必要な事だ!」とまで言ってくれるおじさんがいました。
「穴埋め」と「国の発展」がどう関係しているのか、その時には分からなかったけど、
私がやっている事が無駄ではない、と分かっただけで、その時は満足でした。

毎週土曜日の朝に穴を少しずつ埋めて、2年間で終わらせようと思いながら、
その次の1週間は、久しぶりの筋肉痛に体が悲鳴をあげていました。
仕事帰りクタクタになって帰路を自転車で走っていた所、
近所の呑み屋を経営しているおばちゃんが
「ちょっと寄って行って。」と。
お茶をごちそうしてくれました。
おばちゃんの親切に疲れが癒される思いでした。

「先週の土曜日に、道の舗装をしてたわよね。やらなきゃって思っていた人も多かったけど、ずっと放置されてたのよ。今週の土曜日もやるの?」とおばちゃん。
「うん。午前中だけやるよ。」と私。
「この辺の人たちに声をかけたら、みんな手伝ってくれるって言ってるわよ。この辺の人みんなよ。みんな。」とおばちゃん。

このおばちゃんの、親切に感動しました。

その後、おばちゃんの親切に感謝しながら、
再び帰路に着くと、若い男の子や子どもたちが、
「土曜日、一緒に仕事しような!」
「私も手伝ってもいい?」
などなど、声を掛けてくれました。

感謝と感動の気持ちで胸が一杯でその1週間が終わり、
いよいよ土曜日。

沢山の人が、自分のロバを連れて、
石(岩)拾いや穴埋めを
入れ替わり立ち替わり、手伝ってくれました。
d0175536_2240514.jpg
d0175536_22412479.jpg
d0175536_2242620.jpg


そして、今の状態。
d0175536_22423951.jpg


まだ穴は全部埋まってはいませんが、穴に落ちずに通勤出来る道は確保されました。
私が穴に落ちないために、私が始めた事が、大事になって正直驚いています。

「あなたが落ちないためにやってるんじゃないのよ。皆の為になるからやっているの。でも、あなたが始めなかったら、やらなかったわよね。もう穴に落ちてるあなた見られなのね。残念、面白かったのに。」とおばちゃんと呑みに来てたおじさん達。

初め、私は自分の事しか考えていなかったけど、みんなの為になる事をする「きっかけ」にはなったのかなと思ったりしました。

この「穴埋め」は、私が青年海外協力隊としてポに来て予定していた活動内容とは全く関係のないものだけど、「きっかけ」というものがあって、これだけの人が動くんだったら、私の活動の為にも、ポの人の為にも、これから2年間沢山の有意義な「きっかけ」作りをしていきたいと思いました。そのための人間関係作りも。

「きっかけ」→「人が動く」→「国の発展」という線が見えた時、どこかのおじさんが言っていた
「穴埋め」と「国の発展」の関係が見えました。
[PR]



by sakurauno | 2010-09-26 22:50

配属先

8月9日にナウリ県ポ市(ブルキナファソ南部)の
基礎識字教育省ナウリ県局
就学環境改善課スポーツ・文化・芸術活動部
に着任しました。

基礎識字教育省ナウリ県局
d0175536_3221155.jpg


自転車通勤
d0175536_324752.jpg


県局の車(赤いナンバー=政府公用車)
d0175536_32646.jpg


県局の前で
d0175536_3274926.jpg


同僚①
d0175536_3291230.jpg


同僚②
d0175536_3303064.jpg


同僚③
d0175536_3332446.jpg


県局前(やぎ)
d0175536_3362839.jpg



今は、ここで仕事をしています。
[PR]



by sakurauno | 2010-08-30 03:41

名前@ブルキナファソ

ブルキナファソでは、
約63民族=約63現地語が存在していて、
民族の大半を占めるのが、モシ族(モレ語)
どこに行っても、
フランス語とモレ語があれば
怖いものなし

その他には、デゥラ語、ビザ語、カセナ語などなど、、、、

私が、今、仕事をしている所は
ブルキナファソ南部ガーナ国境に近い
ナウリ県ポー市というところ
グルンシ族(カセナ語)が多くを占めるエリアです。

以下、色んな現地語で、色んな名前を付けて貰いました。

ナサラ
モレ語(現地語)で「白人」という意味
特に子どもたちが、白人を見ると、ナーサーラ!!!と声を掛けてくれたり、
手を振ってくれたり、わざわざ、握手しに私のところまで来てくれたり。

ゼナボ
これも、モレ語。ワガドゥグで研修中に語学の先生が付けてくれた名前。
「ゼナボ」というのは、イスラム教徒で多い名前とか。
「意味は?」と聞いても、「よくある名前」だそう。

グゥエル
ビサ語(現地語)で「美しい」と言う意味
これもワガドゥグで研修中に、
研修所のキッチンで働いていて仲良くしてくれた
ブルキナファソ人の女の子が付けてくれた名前。
彼女の故郷では、フランス語とビサ語が主に話し言葉だそう。

ヤギブ
カセナ語(現地語)で苗字に多い名前とか。
日本で言う、「渡辺」「山田」等、と同じ感覚なのかな。。。

サフィ
これもカセナ語。
同僚が付けてくれた名前。
イスラム教徒で多い名前の一つが、「サフラ」
私の名前「サクラ」が「サフラ」に似ていることから
「サクラ」→「サフラ」→「サフィ」
今のところ、みんなが、私を呼んでくれる名前。
プラス
今のところ、一番しっくりきている名前。
[PR]



by sakurauno | 2010-08-26 04:35

首都ワガドゥグ到着

6月21日に成田空港を発ち、パリで一泊し、
22日の現地時間夕刻(日本時間23日夜中)に
ブルキナファソ首都ワガドゥグに、無事、到着しました。

飛行機から降りたつと、そこには、質素な空港が目の前に。
改築中で、天井や壁がむき出しの状態の中、
ブルキナベ(ブルキナファソ人)や、
JICAボランティア、外国人ボランティアの人などで
空港が一時的にごった返しに。
ブルキナファソの気温だけではなく、
人ごみのせいもあって、
一気に汗が全身から噴き出してきました。

空港内には、JICAブルキナファソ事務所職員が待機しており、
迎え入れてくれました。
入国審査を終え、荷物を受け取り、
空港から外に出た時には、もう既に夜。
青年海外協力隊連絡所と呼ばれるドミトリー(宿泊所)に向かうために
バスに乗り込んだ際には、辺りは暗く、景色もあまり見えずに残念。

バスに揺られる事約15分。
ドミトリーに到着後、夕ご飯を済ませ、
翌日のオリエンテーションに備え、
初めて蚊帳の中で就寝。

2日半の移動+計56Kg荷物=クタクタ
65日訓練+初めてのアフリカ大陸上陸=ウキウキ
[PR]



by sakurauno | 2010-06-23 22:12

いざ、ブルキナファソへ!

6月10日に長野県駒ヶ根訓練所より東京に戻りました。
大切な人々に会い
買い物に行き、
歯科、耳鼻科に行き、
髪の毛をバッサリ切り、
そして、いよいよ21日に日本出国です。

会ってくれた皆さま、ありがとう。
会えなかった皆さま、2年後生きて帰ります。
その際には必ず会いましょう!

今回の出国に際して、
やりたいこと、これまでやってこられたのは、
そして、これからまた2年出来るのは
家族、友人の支えがあってなんだなぁ
と、これまで以上に、
友人家族の存在のありがたみを感じています。
これまで支えてくれて、ありがとう。
そして、これからも宜しくお願い致します。

スーツケース1(23Kg)
+バックパック1(23Kg)
+リュック1(10Kg)
+斜めがけバック1
=56Kg+α
に以下の物をまとめ込みました。

【書類】
公用パスポート
Eチケット
ユーロ(約10万円分)(現地でFranc cfaに換金予定)
ID
印鑑
メディカルインフォメーション(予防接種記録)

【衣服】
下着7日分
長靴下7日分
Tシャツ5枚
長袖Tシャツ4枚
綿パン3本
勤務用シャツ3枚
ジャージ2本
クロマー(手ぬぐい)3枚
バスタオル1枚
タオル1枚
帽子2キャップ
ウィンドブレーカー1着
JICAジャケット

【活動用】
絵本2冊
日本文化紹介本2冊
文具(マッキ―、クーピー)
和グッズ(お土産)

【語学】
フランス語紙辞書

【薬関連】
JICA薬セット
パブロン1箱
ムヒ
虫よけ(液体)
蚊取り線香1缶
日焼け止め8本
歯ブラシ10本
化粧水2本
ポカリスエット3袋
冷えピタ1箱

【和食】
インスタント味噌汁
粉末緑茶
お茶漬けのもと
パスタソース他

【その他】
蚊帳
PC
HDD
USB(書き込み禁止スイッチ付き)
PC冷却パット
南京錠
自転車カゴ盗難防止用カバー
軍手
ゴム手袋
ジップロック

行ってきます!
健康安全に気を付けて頑張ります。
[PR]



by sakurauno | 2010-06-20 19:21

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

ブログジャンル

画像一覧