さくら☆ブルキナファソ

活動振り返り②(小学校)

11月下旬から、ポコミューン1の小学校5校において、朝(授業前)と夕方(放課後)の時間を使って、ゴミ拾いをしました。

学校環境
・壁がある学校とない学校がある。
壁があると、動物の出入りを制限出来ると同時に、風でゴミが飛んできません。
・学校敷地付近にゴミ集積所
校舎裏に、ゴミ集積所がある学校が1校あります。ゴミの匂いだけでなく、生徒はこの校舎の裏にあるゴミ集積所をトイレ代わりにしており、かなりの悪臭を放ち、この学校の壁は崩れているので、風でゴミが校庭に沢山飛んできます。拾っても拾っても校庭はいつもゴミで溢れています。
・水
ゴミ拾いの後に、手洗いをするための水が必要で、水道、井戸、ポンプがある学校とない学校があります。水道があっても、使用料金が支払えずに水を止められてしまっていたりして、(学校の所有物なのに、近隣の人が水汲みにくるので、水道代が跳ね上がる)学校敷地外にある井戸まで水汲みに行かなくてはならず、水の確保だけでも一苦労です。支払えないほどの水を使わない、使わせない、きちんと管理する事や、水道も井戸もない学校は、校長が直接市役所に申請をするように働きかけました。
・ゴミ箱(校庭)
校庭にゴミ箱がある学校とない学校があります。ゴミ箱がある学校は、ゴミ拾いをはじめてから、使うようになりました。ない学校には、環境系団体にお願いをして設置予定です。ゴミ箱がない学校では、設置までの間、拾ったゴミは、出来るだけ分別をして、紙類は焼却し、プラスチック類は風で飛んでいかないように、袋にまとめてあります。
・ゴミ箱(教室)
ゴミ拾いを始める際に、5校の全クラス教室と校長の部屋に設置用の仮ゴミ箱として段ボールを持参しました。毎週小学校に行くときに、各クラスの段ボールがゴミ箱として使われているか見て回っていますが、荷物入れに使ってしまっている教員も時々見ます。でも、私が「あれー?おかしいなぁ。ゴミ箱の中になんで、こんな荷物が入っているんだろう。」と不思議がっていると、「いや、これはね、一時的なんだ。置くところがなくてね。」などなど気まずそうに話をしているので、段ボールをゴミ箱として使ってほしい、と言う事は伝わっていると実感しました。

活動関係者
・校長
5人の校長先生と一緒に活動をさせて貰っています。
今問題なのは、1人の校長。口では、興味関心を持っており、口だけ、やる気なのです。「ゴミ拾い大事だと思うよ」と言いながら、休み時間に飲んでいた水が入っているプラスチックの袋をポイ捨て。「話し合いがしたい」と伝えて、「待ってるよ」と言われ、実際に行ってみると、校長不在で、待ちぼうけ。しかも一回ではありません。
この校長を除いて、みんな活動に興味関心を持ってくれており、実際に活動を実施する際に手伝ってくれます。また、1校、私の活動日以外にも、定期的にゴミ拾いをしており、11月の下旬から約1カ月の間にかなり綺麗になりました。

・教員
ゴミ拾いに参加してくれる教員はいません。授業が終わって、ゴミ拾いを始める頃、教員たちは、バイクでピューと帰って行きます。小学校の先生は面倒を見ている膨大な数の生徒の為にやる事が多い事は知っています。でも、今後、少しでも巻き込んでいけたらいいなぁと思っています。教員の中で「一緒に仕事が出来て嬉しいよ」「毎週来てくれてありがとう」「助かっているよ」と、声を掛けてくれる人がいるのは嬉しい事です。

・PTA
学校(校長)といい関係を持っている所とそうでないところがあります。
5校中2校、1校は校長のやる気が口だけの学校と、もう1校の校長はやる気で、活動にも参加してくれ、PTAにも話し合いの場を持ちたいと何度もPTAに伝えるのですが、親御さんたちが集まらない学校があります。
残りの3校は、いい関係を持っている印象を今のところ受けています。校長が話し合いを持ちかけると、話し合いに足を運んでくれ、参加し、積極的な意見交換が出来、就学環境改善の為に立てた予算を手分けして支払おう、という案にも理解を示してくれています。PTAには、石鹸等を購入してほしいと伝えて、次の日には「もう、買ったよ」と連絡をくれた親御さんもいました。

・生徒
5校すべての生徒、初めてのゴミ拾いの時は、初めての日本人との活動で、それはそれは、はしゃいでいましたが、ゴミ拾いの回数を重ねる毎に、子どものモチベーションが下降中。「汚い」「家が遠い」「疲れる」等の理由で、拒否反応を示す子が出てきたのです。ゴミ拾いが汚いし、疲れるし、家が遠いから早く帰りたいのは、理解できます。「ごみをそこら中に捨てなければ、ゴミ拾いしなくて済むんだけどね。」「みんなでやったら楽しいかもよ。」等と働きかけながら、年末活動をしていました。「なんでゴミ拾いをする必要があるのか」「ゴミがそこら中に落ちてるのがどうしていけないのか」「ゴミのポイ捨てがどうしていけないのか」生徒達と一緒に考える時間を作り、知識を補っていく必要性を今感じています。
また、このチームはプラスチック、このチームは紙を拾うように、伝えると、きちんと分別できる生徒達がいる学校とそうでない学校があります。上述の知識と同時に、ゴミの種類(燃えるごみと燃えないゴミ)について、2011年は、一緒に勉強していこうと思っています。

d0175536_42583.jpg

[PR]



by sakurauno | 2010-12-30 04:20 |

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

ブログジャンル

画像一覧