さくら☆ブルキナファソ

ノエル (クリスマス)

メリークリスマス! ジョワイユーノエル!
d0175536_22103531.jpg



突然ですが、
普段、職場付近、家の近所、市場、どこにいても、物乞いの子どもたちを見かけます。
特に小学校が休みの木曜日と週末に、物乞いの子たちを見つけるのは簡単です。

赴任したての頃の、彼らとの会話
「お腹空いた」「お金ちょうだい」とよく言われていました。
「お腹空いたの、かわいそうね。」と言いながら、何もあげずに、5か月が過ぎ、
最近では、何を言っても、何もくれないと分かったのか、
「おはよう。元気?今日も仕事?」
「散歩行くけど一緒に行く?」
など何気ないありふれた会話を交わしています。

物乞いに何を言われても、私は何もあげません。
理由①その場限りの空腹を満たしても、物乞いをせざるを得ない背景にある貧困という問題の解決の為に何一つ役にたたないから。
理由②物乞いをして、お金が稼げる、お腹が満たされると、分かると、それが習慣化されてしまい、何かを得る、達成するための努力の仕方を忘れてしまうから。

でも、今日はクリスマス。
沢山のクリスチャンの人が着飾って教会へ出掛けていく中、
私は、普段物乞いの子どもたちをよく見かける市場へと出掛けました。
目的は、物乞い(学校に行っていない)子ども達への
年に1度のささやかなクリスマスプレゼントを渡すためです。

プレゼントとして、サンドイッチを選びました。
d0175536_22121125.jpg

理由①作る・運ぶのが簡単。
理由②お金は何が何でもあげない。その代わり。
理由③以前メキシコ、カンボジアで仕事をしていた時も、クリスマスにサンドイッチを作って、配り歩いたから。
理由④クリスマスだから。

d0175536_22124770.jpg

朝1時間ほどかけて、準備をしました。
玉ねぎ、ニンニクを炒め、調理した魚の身をほぐし、マギーブイヨンで味付けをし、少し水分を足して煮込んで、冷ましたものをフランスパンにはさむ。

でも、ただ、子どもを見つけて、サンドイッチを
「はい、クリスマスプレゼント。メリークリスマス」
と渡すだけでは、私の気が済まず、
何かして貰おうと思って、

「クリスマスだけど、私はゴミ拾いをしたいのね。」
「ゴミ拾い手伝ってくれたら、クリスマスだから、いい事あるかもよ。」
学校に行っていない物乞いの子たちで、フランス語は話せません。
私の現地語も限られており、コミュニケーションが取れないので、
近くにいた、お兄さんお姉さん、を捕まえて、現地語のモレ語に訳してもらいました。

d0175536_22134372.jpg

d0175536_22142273.jpg

d0175536_2214531.jpg


一緒に市場の中を歩き回って、言葉が通じなくても、
沢山色んな事を話しかけてくれました。
ゴミ拾いさせたら嫌がるだろうと思っていたのに、
子どもたちははしゃいでいて、あっという間にゴミ袋1袋を満タンにする事が出来ました。

d0175536_22153493.jpg

クリスマスプレゼント(サンドイッチ)がメインで、
+αとして、ゴミ拾いだったので、沢山のごみを集める事が目的ではありませんでした。
このゴミは家に持ち帰り、家のゴミ箱に捨てました。

集めたのはたったの1袋ですが、この1袋。
ゴミ拾いの後に、サンドイッチを頬張り、
「おいしいよ。」「ありがとうね。」という子ども達の言葉と笑顔。
そして久しぶりにした朝寝坊が、
今年の自分へのクリスマスプレゼントです。

d0175536_22161231.jpg

[PR]



by sakurauno | 2010-12-25 22:16 |

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

ブログジャンル

画像一覧