さくら☆ブルキナファソ

名前@ブルキナファソ

ブルキナファソでは、
約63民族=約63現地語が存在していて、
民族の大半を占めるのが、モシ族(モレ語)
どこに行っても、
フランス語とモレ語があれば
怖いものなし

その他には、デゥラ語、ビザ語、カセナ語などなど、、、、

私が、今、仕事をしている所は
ブルキナファソ南部ガーナ国境に近い
ナウリ県ポー市というところ
グルンシ族(カセナ語)が多くを占めるエリアです。

以下、色んな現地語で、色んな名前を付けて貰いました。

ナサラ
モレ語(現地語)で「白人」という意味
特に子どもたちが、白人を見ると、ナーサーラ!!!と声を掛けてくれたり、
手を振ってくれたり、わざわざ、握手しに私のところまで来てくれたり。

ゼナボ
これも、モレ語。ワガドゥグで研修中に語学の先生が付けてくれた名前。
「ゼナボ」というのは、イスラム教徒で多い名前とか。
「意味は?」と聞いても、「よくある名前」だそう。

グゥエル
ビサ語(現地語)で「美しい」と言う意味
これもワガドゥグで研修中に、
研修所のキッチンで働いていて仲良くしてくれた
ブルキナファソ人の女の子が付けてくれた名前。
彼女の故郷では、フランス語とビサ語が主に話し言葉だそう。

ヤギブ
カセナ語(現地語)で苗字に多い名前とか。
日本で言う、「渡辺」「山田」等、と同じ感覚なのかな。。。

サフィ
これもカセナ語。
同僚が付けてくれた名前。
イスラム教徒で多い名前の一つが、「サフラ」
私の名前「サクラ」が「サフラ」に似ていることから
「サクラ」→「サフラ」→「サフィ」
今のところ、みんなが、私を呼んでくれる名前。
プラス
今のところ、一番しっくりきている名前。
[PR]



by sakurauno | 2010-08-26 04:35

青年海外協力隊 平成22年度1次隊 ブルキナファソ 青少年活動日記
by sakurauno
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
首都ワガドゥグ

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

任期短縮
at 2011-03-13 05:12
ゴミとは?
at 2011-02-06 20:36
新年のご挨拶
at 2011-01-07 04:57
活動振り返り②(小学校)
at 2010-12-30 04:20
活動振り返り①(配属先と関係..
at 2010-12-26 18:12

ファン

ブログジャンル

画像一覧